WEB業界での実務経験

実務経験34日目、nofollowとsponsoredとUGC

実務経験34日目、nofollowとsponsoredとUGC

新しいリンク属性sponsoredとUGCについて

wordpressで内部リンクや外部リンクを付ける時は当たり前ですが↓を使います。

実務経験34日目、nofollowとsponsoredとUGC

 

このサイトのテーマはJINですが最近オリジナルテーマを作って内部リンクをしようとしたら↓が表示されました。

実務経験34日目、nofollowとsponsoredとUGCオリジナルテーマの表示

 

「ん?見たことない表示がされてる」と思ってJINのテーマで確認したらやっぱり表示が違いました、↓です。

実務経験34日目、nofollowとsponsoredとUGCJINの場合の表示

 

sponsoredとUGCが見た事がなかったので「初見だからググろう」と思ってググったら重要な内容だったので説明します。

 

実務経験34日目、nofollowとsponsoredとUGC

これは人からお金を貰うことによって自分が付ける広告系のリンクをグーグルが参照しない時にチェックを付けます。

イメージとして最近Twitterで規約違反になってるんじゃないかと言われている「あなたのツイートを1ヶ月〜円で拡散します」をグーグルが参照しないということです。

でもこんな時は例外です。

自分のブログでアフィリエイト商品のリンクを貼る時は結果的にお金が貰えますがアフィリエイト先からお金を貰ってリンクを貼りません。

だからチェックはしなくていいです。

 

UGCはどんな時に使うか?

実務経験34日目、nofollowとsponsoredとUGC

これは自分の掲示板サイトやコメントフォームに対して使います。

やたら宣伝リンクを貼ってくる人って邪魔ですよね、こんな人のサイトをグーグルに参照して欲しくない時に使います。

でも同じ人が何度も丁寧に答えてくれて貼ってくれる人に対してはチェックを入れなくていいです。

丁寧に答えてくれるかはグーグルが判断するのでどれ位の期間丁寧に答えているのかは分かりません

個人のブログの場合はコメント欄に貼るリンクはまずスパムにするはずなので(私はします)UGCは気にしなくていいと思います。

 

nofollowの役割は?

実務経験34日目、nofollowとsponsoredとUGC

sponsoredとUGCじゃない場合に付けますが自分にとって信頼性が低い記事やサイトのリンクに対して付けます。

nofollowはGoogleにとって絶対でしたが少し変わりました

 

グーグルにとってnofollowは命令から参考に変わりsponsoredとUGCは参考

nofflowは以前は命令でしたが2020年3月1日からは参考に変わりました。

理由は本当は質が高いリンク先だとリンク先にグーグルからの評価を取られます。

それをされない為にnofollowが横行していましたがその対策です。

nofollowは参考なのでグーグルが質が高いと判断したらそっちも参照されます

質の判断基準が分からないのですが恐らく検索順位だと思います。

「検索順位が上=オリジナル性が高くて閲覧者にとって価値のある情報」だからです。

 

sponsordとUGCのリンク先を参照された時の検索順位

実務経験34日目、nofollowとsponsoredとUGC

グーグルがリンク先を参照したとしてもが検索順位の変化は今のところはないですがいつ変わるか分かりません。

 

rel属性はnofollowから変えた方がいいか?

実務経験34日目、nofollowとsponsoredとUGC

今の所変えなくても問題ないですがクローラーの目線が段々と人間に近づいている気がするのでその内変えないといけなくなる気がします。

 

グーグルアドセンス対策は?

実務経験34日目、nofollowとsponsoredとUGC

私はサイトを2つ運営していてグーグルアドセンスの申請に1回で通って内部リンク、外部リンクをしていないのですがどうでもいい内容の記事ばかり書いているサイトは審査に落ちる印象です。

だからリンク先を参照されない為にもnofollow、responsored、UGCのチェックは入れた方がいいと思います。