実務経験を始めるまでの勉強内容

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!

未経験からWEBデザイナー、コーダー、エンジニアになるならまずProgateでの勉強がお勧め

 

プログラミングの勉強をしたい人
プログラミングの勉強をしたい人
WEB系の会社でバイトするためにはどこのサイトを使って勉強すればいいんだろう?
誰か教えてくれないかな?

 

といった疑問に当サイト(実務未経験からWEBエンジニアへの道のり)の管理人のjonioがお答えします。

私は大学生の時にプログラミングが苦手だったので最初プログラミングスクールで勉強をして大失敗しました。

このことについて以前記事を投稿していますのでよかったらご覧ください。

https://bakkagisaji.com/tech-expert/

↑の説明で出てくるプログラミングスクールで大失敗してたまたま見つけたサイトが大当たりで挫折せず勉強ができて2020年の3月からバイトができるようになりました。

今回はそのサイトについてどんな勉強ができるかの説明をします。

この記事を読むことでわかる内容

プログラミングの学習をするのにおすすめサイト

 

対象となる人

プログラミングを独学で勉強する人

プログラミングの勉強でドットインストールもありますがProgateと違い合う人と合わない人がいます。

Progateより学べる内容は遥かに多いので合う人はドットインストールでの勉強もおすすめです。

https://bakkagisaji.com/dot-install/

それでは説明します。

 

独学でやるならプログラミング学習サイトProgateが最強

プログラミング学習サイトのProgateっていうのがあるのですが凄くお勧めです。

理由はサイトの作りが初心者目線で挫折しないように作られています。

 

学習方法

学ぶ内容を1つ1つスライドで学べるので理解がしやすく理解できない内容がそうないのでモチベーションが下がる事がなく学習を続ける事ができます。

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate! WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!

↑の画像の様にスライドを見ながら学習してスライドが終わったら内容が理解できているかの演習です。

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!この画面の次のページが演習になります

 

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!最初は簡単な穴埋めから始まり徐々に難易度が上がっていきます

この演習の画面は携帯のアプリから見た時でパソコンから見ると少し違います。

スライドで内容を確認→演習の繰り返しです。

演習の内容はいきなり難しいのではなく少しずつ難易度が上がるので挫折をすることはないと思います。

演習で答えがあっているか確認したい時は下の画像の一番下にある「答えを見る」をクリックすると答えが出ます。

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!画面下の黄色っぽいボタンを押すと答えが出ます。

 

答えの画面の右上にある「自分のコードと比べてみる」を押すと答えと自分のコードを比べて合ってる場合は↓の画像になります。

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!自分のコードと答えが同じ場合

 

自分のコードに間違いがある場合は↓の画像の様に間違っている部分に薄い青の色が付きます。

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!答えの薄い青色の部分が自分の間違っているコード

 

いきなり有料会員ではなく無料会員で試してみるのがいいかも

初級、中級、上級、道場(スライドでの勉強がなく演習のみの実践編)とあり初級は無料なのでまず初級で勉強して自分に合うか考えればいいです。

恐らく誰にでも合うと思います。

 

分からない所はどんどん飛ばす

私は理解できない場合はひとまず飛ばしてどんどん進めてを5周はしています。

理解できなくてもこだわらず先に進みましょう、時間がもったいないし考えすぎて分からないと挫折する可能性があります。

学習編を5週して理解できなかったらネットで調べればいいしどうしても分からないならテラテイルっていうエンジニアの質問サイト(無料)で質問すればいいです。

テラテイルは質問に対して解決できない答え方をする人や変な人がいるからそれは気を付けないといけないです。

初級、中級、上級が終わったら道場を5週しましょう。

 

料金は安いと思う

料金ですが1ヶ月1000円ちょっとで格安です。

初心者はプログラミングスクールがいいかもって思うかもしれませんが1ヶ月10万とかかかる割に質が酷いので辞めたほうがいいです 笑

質問に答える人は人間として頭が変だったりエンジニアではない人しかいません。

私はそれで失敗しました。

次は私が何を学んだかの説明をします。

 

HTMLとCSS

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!

HTMLは図を書くための道具みたいなものです。

具体的にはこういうやつです。

下の図の文章(コードといいます)がHTMLです。

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!HTML

 

CSSは例えば図に色をつけたり大きさを変える道具みたいなものです。

具体的にはこういうやつです。

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!CSS

 

jQuery

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!

jQueryはHTMLとCSSで書いた図にアニメーションを付ける道具みたいなものです。

具体的には↓の図を見てください。

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!

図の緑のボタンをクリックすると下の図のようにリンク1、リンク2と書いてある所が変化します。

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!

といったところです。

こんなProgateですがいい部分ばかりではなく悪い部分もあり次のページでその説明をします。

 

悪い部分

WEBエンジニア(コーダー)に未経験からなるならProgate!

CSSのモバイルファーストの記述が学べない

HTMLとCSSのコースでレスポンシブデザインを勉強する所がありますがモバイルファースのコードの書き方を学習できません

今は違うかもしれませんが私が勉強している時は学べなくモバイルファーストの書き方を知ったのはProgateが終わって半年後位でした。

 

道場編であっているはずなのになぜかエラーになる

それとHTMLとCSSのコースの道場編でWEBページを少しずつ作成しますがこういう画面を作るという指示があります。

指示通りに出来ているのに判定はダメとなり何度やっても上手くいかない時がありイライラしました。

機械が判定するからどうしようもないですがこういう時はその日はProgateを止めて次の日にした方が上手くいくと思います。

 

書いている内容は間違ってないけど行数が違うと間違いの部分が表示されない

それと学習編で自分の答えが間違っている時にどこが間違っているのか分からない時があります。

↓を見てください、間違っている所が表示されてないです。

プログラミングを独学でするならprogate プログラミングを独学でするならprogate

これは自分の答えの51行目を52行目の下に書かないといけなかった時です。

このように内容が合っているけど行が違う時は表示されないみたいです。

答えが違うときに表示されないのはこのパターンしか見つける事ができなかったのですが他のパターンもあるかもしれません。

仕様がずーっと変わってないので運営が変える気がないか変えることができないか分かりません。

色んな人からクレームは来ているはずですが。

 

プログラミングスクールで勉強するよりprogateで勉強する方がずっといい

このようにプログラミングを勉強するサイトとして完璧ではないですが0から学ぶ人にとってはプログラミングスクールよりずーっといいサイトです。

だからProgateで勉強してから勉強の幅を広げるのをおすすめします。

説明を終わります。