WEB部門での実務経験

実務経験14日目、コーディングでの行間の取り方がブログとは違う

実務経験14日目、行間の取り方がブログとは違って大きく取る

LPを作る時にコーディングでの行間の取り方がブログとは違う

実務経験13日目で作ったパララックスを私に仕事を教えてくれる社員に見せたらじーっと見ていて「何か問題があるの?」と思っていたらテキストの行間と段落ごとの余白の説明をしてくれました。

↓はブログや新聞なら100点ですけどLPの場合は文字が詰まり過ぎていると圧迫感が強くなりすぎて購入者が逃げます。

実務経験14日目行間に文字が詰まりすぎていて圧迫感がある

 

だから段落の行間を(line-heightの事)広く取って↓にした方がいいです。

実務経験14日目

 

段落と段落の間も大きく取る

そして段落と段落の間が狭すぎるので段落と段落の間を広げ過ぎって位開けた(marginの事)方がいいですと言われました。

実務経験14日目段落と段落の間の隙間がなさすぎて同じ段落に見える

 

実務経験14日目段落と段落の間に隙間があるから段落のブロックが分かりやすい

 

 

コーディングする時のテキストの書き方

私は以前複数行を書く時は↓にしていました。

pタグの中身を複数行にしています

 

しかしこれはダメです、1行目から2行目、2行目から3行目になる時に隙間ができます

だから↓にしないといけないです。

pタグの中を1行で書きます

 

人のコーディングを見た時に「何で1行で書くんだろう?長すぎて読みにくいけど、、」と思いましたが理由があったんですね。