実務経験を始めるまでの勉強内容

実務経験を積む会社に落ちるのを恐れずどんどん応募した方がいいけど

私は3社に応募して運よく2社に採用されて2020年の3月から実務経験を積んでいますがネットを見ると何社も落ちてる人がいっぱいいます

何社も落ちると「応募してもどうせ採用されないしな〜」って思うかもしれません。

特に今はコロナウイルスのせいで案件を取っていた人達が会社に所属しようと面接を受けるので余計受かりにくいかもしれません。

でも応募しないといつまで経っても実務経験を詰むことができないのでどんどん応募した方がいいです。

でも技術的な実力が全然ない状態で何社受けても落ちるので半年位勉強してなかったらそれ位勉強してから応募すべきです。

どこまで勉強するかを説明しますがギリギリの最低ラインだと思います。

 

制作会社や企業に応募するまでに身に付けた方がいい技術

コーディングの技術がある程度ないと絶対に採用されません、面接の時に模写などのサイトを見せないと絶対に落ちます

模写したサイトのトップページのコーディングをレスポンシブデザインで割と本物に近い形にできないといけません

ごちゃごちゃしたサイトだとやる事が多いし本物に近い形にしにくいのでシンプルなサイトを真似した方がいいです。

私がお勧めのサイトはWordPressテーマのWriteで↓です。

http://demo.themegraphy.com/write-ja/

シンプルで真似しやすくフレックスボックスを使えばコーディングが楽にできます。

コーディングがどの程度できればいいかですがレスポンシブデザインが問題なくできて画面崩れが起きなければ大丈夫です。

 

命名規則は知らなくてもいい

模写する時にデベロッパーツールを見るはずですが元サイトのHTMLに変なクラス名が付いていると思います。

こういう変わった感じのクラス名は命名規則にのっとって付けられています

 

命名規則と言いますが実務未経験の段階で知らなくても採用される所はあります、私は実務経験を積んでから命名規則の存在を知りました。

 

scssは使えると有利だと思う

面接を受ける人のほとんどがcssを使かっていると思いますがscssという書き方もあります。

簡単に言うとcssをもっと楽に書いてコードの量を減らせるのですが他の人との差別化をする為にも使えた方がいいです。

そして使い方は全然難しくないです。

エディタはvscode(vidual studio code)を使うとできるのですが書き方は簡単です。

vscodeをまだ使ってなかったらこれを機会にエディタを変えるといいです、シェア率世界一位で拡張機能もいっぱいあって便利です。

実務経験37日目、エディタでおすすめのvscodeとその拡張機能
実務経験37日目、エディタでおすすめのvscodeの拡張機能 「コーディングのスピードをあげたいな〜」と思っていてTwitterを何となくみたらこんなツイートがありました。 h...

 

jQueryはちょっとできればいい

jQueryはコピペでいいです、私はいまだにコピペですが理解しなくても問題ない気がします。

スライダー、アコーディオン、スムーススクロール、パララックスを使った事がある方が面接に有利だと思います。

パララックスはちょっと癖があるので慣れたほうがいいです。

コピペOK!jQueryのパララックスで左右から文章や画像を出す
コピペOK!jQueryのパララックスで左右から文章や画像を出す といった悩みに当サイト(実務未経験からWEBエンジニアへの道のり)の管理人のjonioがお答えします。 ...

 

illustratorは必須だと思った方がいい

ネットに情報があまりなかった気がするのですがillustratorは使える様にした方がいいです。

使えない状態で応募する人が結構いるみたいですが求人の必要なスキル欄に書いてなくても使えるようにしましょう

コーディングする時にデザインカンプがillustratorの場合が多いのですが「書き出し」というのをした画像データを絶対に使うからです。

それと基本操作はできた方がいいですが全然難しくないし毎日使えば1週間位でできるようになります。

私は採用された会社の面接を受けた段階でillustratorを使えた方がいいのを知ってudemyですぐ勉強しました。

udemyで評判がいいillustratorのオススメ講座
udemyで評判がいいillustratorのオススメ講座 udemyでのillustratorの講座はハズレが多いから注意しないといけない といった疑問に当サイト(...

 

WordPressでサイトを運営するのは絶対にプラスになる

一般企業で働いても制作会社で働いてもサイトの更新は絶対にします

ただ運営するのではなく検索順位(SEO)を意識して運営しています

自分でブログを運営すると絶対に検索順位を意識するのでそれなりのノウハウを持っているはずです。

私が面接を受けて会社の人と話した印象では面接を受けた人でサイトの運営をしている人がほとんどいない感じでした。

私は面接を受けた段階で5ヶ月位ブログを運営していたのでSEOに対するそれなりのノウハウを持っていました。

これも採用に関係していたと思います。

wordpressでのブログの運営は絶対にすべきです。

 

wordpressでブログを運営できるようになったらどんどん応募した方がいい、落ちても気にしない

面接を受けて手応えがあったのに落ちることがありますが気にしない方がいいです、「そこはご縁がなかった」と思ってどんどん応募しましょう。

ですがサイトから応募して最初の返事で経験上応募を止めた方がいい所もあるので何でもかんでも面接に行くと時間だけ無駄になります

未経験から実務経験を積む時にバイトに採用する可能性がある所 実務経験を積む為にこういう所に応募すべき所を解説 WEB業界でコーダーやデザイナーなどのバイトをして実務経験を積む時未経験から採用...

この記事を読んで実務経験を積むことができたら幸いです。